Hitz日立造船株式会社 Hitachi Zosen Corporation

  • /1.11/1.14/1.3/
Hitz日立造船株式会社




『環境・プラント事業』『機械事業』『プロセス機器事業』『インフラ事業』『精密機械事業』
Hitz日立造船グループのポテンシャルを最大限に活かし、産業機械・プロセス機器のものづくりから
最先端技術をもつ環境・プラントのエンジニアリング・IT技術の構築・提案まで、
より快適な「今」と、より豊かな「未来」づくりへの貢献を目標とし、
様々な分野で付加価値の高いトータル・ソリューションビジネスを展開しています。

Business Information 事業情報

◆環境・プラント事業
 ごみ焼却・リサイクル施設、水・汚泥処理施設、エネルギー回収システム(ごみ発電設備等)、
 バイオマス利用システム 、海水淡水化プラント等各種プラント、脱硝触媒、発電設備、電力卸売

◆機械事業
 舶用原動機、舶用甲板機械、鍛圧機械、ボイラ

◆プロセス機器事業
 圧力容器等各種プロセス機器、原子力関連設備機器

◆インフラ事業
 橋梁、水門扉、煙突、海洋土木、シールド掘進機、防災システム

◆精密機械事業
 プラスチック機械、食品機械、医薬機械、精密機器、エレクトロニクス・制御システム

◆その他
 運輸・倉庫・港湾荷役

幅広い事業分野で社会に貢献しています。

企業写真
企業写真
企業写真
企業写真

Company Information 企業情報

本社所在地 大阪氏住之江区南港北1-7-89
事業所 ◆支社・営業所:全国21拠点
◆工場・事業所:熊本、広島(2か所)、大阪、堺、 舞鶴、茨城、柏、川崎、福井
◆海外事務所:アブダビ、台北、上海、北京、バンコク、ホーチミン、ソウル、シンガポール
設立日 1881年4月
資本金 454億4200万円(2016年3月31日現在)
売上 <連結>3870億4300万円(2016年3月期) <単体>2244億5300万円(2016年3月期)
代表者 取締役社長兼CEO 谷所 敬
従業員数 <連結>9,825名(2016年3月31日現在) <単体>3,887名(2016年3月31日現在)
ホームページ http://www.hitachizosen.co.jp/
インターン採用 2016年1~2月冬季予定

Job Information 求人情報

職種名 事務系/営業、総務、法務、広報、人事、資材調達、経理・財務など
技術系/研究・開発、設計、工事担当、アフターサービス、システムエンジニアなど
職務内容 <事務系>
■営業
営業・輸出戦略の企画・立案からプロジェクトの受注に繋げる提案型営業です。
■資材調達
競争力の成る製品を製造し、最大限の利益を生み出すために、プロジェクト遂行に必要な機器、材料を適正な価格・納期で購入する業務です。

<技術系>
■研究開発
技術戦略の策定を行い、推進・実行します。開発テーマに従い、先端技術の研究や新製品・新事業の開発の推進を行い、将来のHitzグループのコア技術となる分野を開拓していきます。
■設計
顧客が要求する製品を具体化します。見積設計は、顧客からの正式な注文を受ける前に製品の仕様とコスト検討を行い、顧客に提出するための見積り提案資料を作成します。
■工事担当
国内外の現場に納入された機器を組み上げて、プラントの性能が発揮できる状態にします。現場での機械や電気、建築にまつわる様々な機器や部材の納品管理や建築工事、据付工事、配管工事、電気工事等の工程管理などを行うことで、プラントが完成します。
■アフターサービス
納入後の製品のアフターフォローとして、プラントの保守点検、設備更新、運転委託、消耗品の販売、トラブルサポート、改造工事などを行います。
勤務地 ◆本社:大阪、東京
◆工場・事業所:熊本、広島(2か所)、大阪、堺、 舞鶴、茨城、柏 等
勤務時間 8:45~17:35(本社) ※事業所ごとに若干異なる
フレックスタイム制(標準労働時間8時間)あり
裁量労働制あり
給与 2016年4月入社者実績
大学卒 月給210,000円
修士了 月給234,500円
福利厚生 制度/持株会、財形貯蓄、住宅資金利子補給制度、育児・介護休業制度など
施設/寮、社宅、診療所、保養所など
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、メーデー、夏季休日、年末年始休日、
年次有給休暇(初年度22日)・慶弔有給休暇・リフレッシュ休暇など
採用対象 文系、理系、外国人留学生、海外大生(日本人留学生)、海外現地大生
採用学位 学士/BACHELOR、修士/MASTER
採用学部 事務系/全学部・全学科
技術系/機械、精密、電気、電子、制御、情報、システム、化工、土木、建築、材料など
語学力 日本語:日常会話~ビジネスレベル
英語:日常会話レベル